どっちがお得?工作機械の中古・新品徹底比較!

>

どうやって購入すればいい?

取引の流れを知る

新品・中古どちらにしろ、取引をする際の流れを知らなければ意味がありません。ここでは一般的な工作機械の取引について説明しています。
まず取引した工作機械を見つけたら、その企業へアポを取ります。電話やメール、FAXでの問い合わせがスタンダードです。その後、担当者からのレスポンスがあったら価格や状態、欠品の有無を確認します。この時に在庫の置いてある場所や納期を確認するとスムーズです。
これらに問題がなければ取引は成立です。導入や初期設定は自社で行うのか、あるいは販売元がやってくれるのを前もって確認しておくとトラブルになりません。支払いを終えて機械を納品すれば完了ですが、取引先によってはアフターサポートをしてくれるところもあります。

取引先の選び方と注意点

中古で工作機械を探す場合、どの様にして探せば良いのでしょうか?販売店のサイトを確認するのも良いですが、入札会を利用するのも賢い方法です。入札会は少しでも安く、そして直前まで稼働していた機械が欲しい方が集うイベントです。会員制なので、あらかじめ入会が必要ですが信頼出来るイベントなのですおすすめです。
但し、この入札会で取引した機械については落札後にキャンセル、または後になって不具合が起きた場合は返品不可です。
販売専門店は多くの機械を取引出来るのですが、整備の状態やオプションの有無など自社で確認しなければならないので、専門の知識が必要です。これらを踏まえて選んでいけば、自社が希望する工作機械に出会えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る