どっちがお得?工作機械の中古・新品徹底比較!

>

そもそも工作機械ってどんな機械なの?

新品導入するメリット

工作機械は少し前まで、中古で購入すると言う概念は無く全て新品で購入するのが一般的でした。
国内でも多くのメーカーがあり、世界中に工作機械を輸出しているので日本ではかなり精巧な工作機械が手に入ります。その証明として日本の工作機械メーカーは、受注額が世界一です。全世界から信頼されていると言えます。
そんな工作機械ですが、新品で購入すると高性能、且つ最新の設備を導入出来るのが大きなメリットです。品質やコスト低下率、更には量産性を第一に考えている機械がほとんどですので、多少のコストが発生しても効率を優先したい場合には向いています。
また最新の工作機械はやや小ぶりなタイプが多いので、手狭な工場でも十分活躍してくれます。

新品導入のデメリット

新品で工作機械を導入するデメリットは多額のコストが発生してしまう事です。機械の種類や導入設備によっても異なりますが。場合によっては中古の1.5倍程コストが膨れ上がる可能性もあります。
また新品、且つ新製品であるとその工場や、今行っているシステムに適合するか分からない事も考えられます。効率化を目指して導入するも、実際はそこまで変わらないと言う事も考えられます。但しこれらのトラブルを防ぐために、返品可能なケースもありますので導入時は担当者としっかりと話し合いをした上で導入して下さい。
メンテナンスや保証が手厚い反面、コストが発生するのがデメリットですが裏を返せばトラブルがあった時に安心する為の費用ともいえます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る